2012年01月14日

ホリエモンの満漢全席感想12年1月/西村ひろゆき、田原総一郎、本そういちろう

 1月11日に放送されたのをタイムシフト視聴しました。
 この番組はいずれ「ニコニコホリエモンチャンネル(月額1000円)」に入会すると視聴できるようになります。

『ホリエモンの塀の中の様子』を
番組前に面会に行った著名人がお伝えするこの番組。

今回の面会者は『田原総一朗』さん!

面会の道中の映像やメルマガなどを紹介しながら、
現在のホリエモンの様子を感じてください!

司会は、ひろゆきさん!
そして、雑誌「近代麻雀」で『ホリエ戦記』を連載中の漫画家
本そういちさんも登場します。


 ホリエモンについては相変わらずで痔、腎臓結石、ムショ内グルメに体重などと話題は特に代わり映えしません。それよりもゲストの田原さんが面白かったです。

 最近では福島で番組を作り、スタッフがびびる中何も問題なく済ませたなど、彼の剛毅な話しにコメントでも好評でした。
 恒例になっているホリエモンに会いに行く旅映像ではそのコート姿が板についていてコメントで「渋い」「格好良い」などと褒められていました。私もそれに賛成です。風格ありましたね^^
 後の視聴者からのメールで「俳優みたいでした」とまで言われていたのはさすがです。

 バラエティー番組に出演してひこにゃんをした話しでの、「バラエティーは必死、報道は情報あるから必死ではない。必死さが面白い」という言葉には目からうろこが落ちる思いをしました。
 普通バラエティーよりも報道の方が上等なイメージを持ちますがそういう視点があるのかと感心します。

 この番組の最後で田原さんはある雑誌で天皇について書く話しをしました。
 天皇の第二次世界大戦の戦争責任をとってないことやマッカーサーに対し「全ての責任は私にある」と言い放った話しにはひろゆきも食いつき、とてもハラハラドキドキさせられます。
 やっぱ田原総一郎はすげぇや!と思わされた番組でした^^


 田原さん面会翌日にホリエモンが参加している組織のロケット打ち上げの実験映像がありました。
 小型液体ロケット「ゆきあかり」が青空に向かってまっすぐ登って行くものだったのですがどれくらいの高さに行ったのかは謎でひろゆきともども一同苦笑(笑)。そこは分かるようにしてくれよw

 ひろゆきが「堀江さんいなくても上手く行く」だの自分でロケット作るために溶接の準備をしていたというホリエモンのことを「無駄になる」とか言っていたのが酷すぎると思いました^^;


トト・エモン

・体重
田原65kg
本68kg

・第一声
田原:真面目に考えて「ご迷惑おかけしました」みたいな感じ。
本:「旅に出ます」


アンケート
とても良かった68.5%
まぁまぁ良かった28.4%
あまり良くなかった1.4%
良くなかった1.7%


 ひろゆきが正月にやっていたゲーム。

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
ベセスダ・ソフトワークス (2011-12-08)
売り上げランキング: 19


The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
ベセスダ・ソフトワークス (2011-12-08)
売り上げランキング: 99


拝金 2 (ゼノンコミックス)
竹谷 州史 堀江 貴文
徳間書店 (2011-10-20)


ホリエモンの満漢全席感想まとめ



posted by まる樹 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ホリエモンの満漢全席感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。