2012年03月08日

ニコ生感想/小池一夫のニコニコキャラクタ​​ー塾!〜第8講:神山 健治​〜

 12年3月4日ニコニコ生放送にて放送された「小池一夫のニコニコキャラクタ​​ー塾!〜第8講:神山 健治​〜」をタイムシフト視聴した感想です。

漫画原作の巨匠・小池一夫さんが
様々な漫画家、クリエイターをゲストに迎えながら、
持論の“キャラクター原論”をCGM時代に対応した
“キャラクター新論”というかたちに発展させ、
視聴者の皆さんと一緒に考えていきます。

第8講のゲストは、アニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の監督・脚本や、
アニメ『東のエデン』の原作・監督を手掛けたアニメーション監督の神山 健治さんです。


≪プロフィール≫
○神山 健治(かみやま けんじ)
アニメーション監督。脚本家。演出家。
1985年より背景、美術監督として活動を始める。
2002年『ミニパト』で初監督を務める。
同年、テレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』が初監督作品となる。
2009年、キャラクター原案を漫画家の羽海野チカが務めるテレビアニメ&劇場版『東のエデン』を製作。
2011年には『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』を公開。
株式会社 STEVE N' STEVENを設立し、代表取締役共同CEOに就任。
現在は2012年秋公開へ向けて、映画『009 RE:CYBORG』を製作中。

○小池 一夫(こいけ かずお)
作家。漫画原作者。
大学卒業後、時代小説家・山手樹一郎氏に師事。
1970年『子連れ狼』(画/小島剛夕)の執筆以来、小説、漫画原作、
映画・TV・舞台等の脚本など幅広い創作活動を行う。
代表作に『首斬り朝』『修羅雪姫』『御用牙』『クライング・フリーマン』など多数。
また、1977年より漫画作家育成のため「小池一夫劇画村塾」を開塾。
独自の創作理論「キャラクター原論」を教え、漫画『うる星やつら』の高橋留美子、
『北斗の拳』の原哲夫、『バキ』の板垣恵介、『ドラゴンクエスト』の堀井雄二など、
多くのクリエイターをデビューさせ、現在も後進の指導にあたっている。


 今回のゲストはアニメの神山健治監督です。「東のエデン」やこれから公開される「サイボーグ009」で話題の方ですが、私としてはやっぱり「攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY」の方ですね。ニコ生で見ました^^

 神山監督と言うとやはり「攻殻機動隊」という印象が強いようでそこから押井守監督や士郎正宗さんへ、そしてこれから公開の「サイボーグ009」から石ノ森章太郎先生について、と話しが展開されていきます。
 小池先生と神山監督は様々な人を介して縁があり、神山監督は押井監督主催の塾に参加し、その押井監督は小池先生の弟子の高橋留美子先生原作のアニメを担当しました。そして神山監督が現在手がけている「009」の原作者の石ノ森先生は小池先生の師匠に当たるさいとうたかを先生と仲が良かったのだとか。
 あと神山監督自身が小池作品からコリオリの力を計算してスナイプする演出を「攻殻機動隊」でも使わせてもらったとのこと。
 
 小池先生の関心は前回の虚淵玄さんの時と同じく現代におけるキャラクター作りと漫画の手法とアニメーションの手法の違いのようです。
 神山監督が話すベースはデザイナーが手描きするが動きはもう3Dで手描きなし、そのおかげでスローモーションが使えるという話しや、「東のエデン」における設定作りの話しが大変興味深くこれからのアニメ作品も大いに期待できます。
 現代では敵の発明が難しくなったという話しは前回と同じですね。まあ時代が同じだから当然ですが^^;

 でもやっぱり小池先生のエピソードは凄い。小池先生は今までに2回警察に呼ばれたことがあったそうです。
 1つは漫画に使った、人は感じず馬は感じる強さの電気を利用することを実際に競馬で使用した人がいたとのこと。
 もう1つは拳銃の作り方で、どうやれば弾を発砲できるのかを描いたこと。実際は発砲出来るのかどうかは分からないそうですが公安は出来ると判断したそうです。
 出来ると思えるところまでやらないと面白くならないと語るお二人、そういうところがプロの凄味かなと圧倒されました^^

 次回は小池先生の弟子の堀井雄二さんがゲストとのこと。ドラクエの人だ、めちゃくちゃ楽しみです!!!!


 アンケート

とても良かった 82・1
まぁまぁ良かった 17.0%
あまり良くなかった 0.6%
良くなかった 0.3


攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY -ANOTHER DIMENSION-  [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2011-07-22)
売り上げランキング: 5830






小池一夫のニコニコキャラクタ​​ー塾!感想



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。