2012年03月26日

25日はニコニコ映画の日<全​会員50pt>「グッド・ウィ​ル・ハンティング 旅立ち」(​字幕版)/ニコニコ映画上映会

「あなたに会えて、 ほんとうによかった。」
1997年度米アカデミー賞助演男優賞、脚本賞2部門受賞!!

●INTRODUCTION
アメリカのトップ大学で最も才気があるのは、その大学に通う学生ではなく…床を磨く少年だった!
ウィル・ハンティングは労働階級の頑固な天才少年だが、人生は落ちこぼれ。
多くのいざこざを起こす彼にとって、心理学の教授と心を通わせることだけが唯一の望みだった。
深い心の傷を持つ青年と、失意の中にいた精神分析医がお互いにあらたな旅立ちを自覚して成長してゆく姿を描く感動作品。

●STAFF&CAST
監督:ガス・ヴァン・サント
脚本:ベン・アフレック / マット・デイモン
出演:ロビン・ウィリアムズ
マット・デイモン
ベン・アフレック
ステラン・スカルスガルド
ミニー・ドライヴァー


 主演はマット・デイモン、私や多くの人にとってはボーンシリーズの人でしょう。アクション以外の繊細な演技もできるだけで感心するのですが、脚本にも携わっているのだとか。凄い人がいるものだなと。

 あらすじから天才少年は非常に繊細で内向的で教授はとても包容力がある人格というイメージしていたのですが、両方ともとんがっていて激しい性格だったのに驚きました。
 天才なのに喧嘩上等で毎日低俗な仲間たち(でもいい奴ら)とつるんでいる人となりというのは私が今まで見てきた物語では中々お目に掛けれないものでとても新鮮に思いました。
 教授も優しそうな外見なのですがとても激しい方です。必要ならいくらでも攻撃的に、喧嘩上等になれることに驚きました。普段優しそうな目をしているだけに迫力を一段と感じます。
 これは私が普段単純なキャラ設定のコンテンツばかりに親しんでいるせいもあるかもしれませんが。

 この両者の言葉による鍔迫り合いによるお互いの内面のえぐりあいの凄まじさと、これが頭の良い人の言葉かという未知の世界への関心で息を呑み、楽しませていただきました。
 はっきりと理解できたわけではないのでまたいつか見直したいです。

 そうそう、あとヒロインがおばさんみたいなガハハ笑いをするのに驚きました。普通ヒロインというのはもっと細くて美人なものじゃないの!?と混乱しましたが、こういう人となりだから主人公と関係が持てたのだということだと納得しよう^^

 ラストは感動したと言えばしたのですが、何だか間延びしている印象を受けました。もっとあっさりと終わらせて良いのではないかと。
 コメントを読んでいて集中できなかったせいもあるのかもしれません。感動ものはこのニコニコ映画には向きませんね。映像よりも早くコメントで次のシーンのネタバレされるときもありますし(笑)

 この物語は毎日同じ繰り返し、閉じた世界という輪廻からの脱出で仏教的な世界観をイメージしました。仏教にそんな詳しくないの自信を持って言えませんが。
 仲間たちに支えられて主人公は新しい世界に旅立って行くのですが、その仲間たちが居なければ、主人公のような天才性がなければそのままなのか、と考えると複雑な思いに駆られます。その仲間たちは相変わらず下町で同じように暮らしていくのですし。
 教授たちが言っていたように選ばれた者は力強く羽ばたいていくべきだ、あるいはそうである者をそうでない者は助けるべき、というメッセージを感じました。
 そういう物語は美しくはあるのですがちょっと残酷かなと。自分が許せないで才能を押しつぶしている人を助けよう、くらいに捉えておくのがいいかと思います。


アンケート

とても良かった 91.2%
まぁまぁ良かった 6.8%
あまり良くなかった 0.8%
良くなかった 1.2%
 圧倒的にとても〜ですね。驚き。私はまぁまぁ。

 ニコニコ映画上映会は何回目ですか?
初めて 22.1%
2回目 14.1%
3回目 11.9%
4回目以上 51.8%
 私は3回目(のはず)。

 グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」は初めてご覧になりましたか?
初めて 54.0%
2回目以上 46.0%

 今回は映画の予告なしでGTのレースに飛ばされました。とまどうコメントが意外と少なかったのでもうこれが通常運営なのでしょうね。


グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-03-07)
売り上げランキング: 730


グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-03-07)
売り上げランキング: 1124


ニコニコ映画感想まとめ
別ブログの映画感想



posted by まる樹 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコニコ映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。