2012年04月05日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/ニコ生岡田斗司夫ゼミ「タブー​完全無視の一問一答地獄2」〜​ナディアから超会議まで〜

オタキングこと岡田斗司夫がニコ生にひとりで降臨
タブー完全無視の90分

大阪芸術大学教授、通称オタキング・岡田斗司夫氏がニコ生にゼミを開講!
出演者は岡田先生ただ一人。
生徒=視聴者から提出された質問コメントに、
リアルタイムに答えていきます。

原子力とオタクやニコ生のひみつ、金と女など、
常にとんでもないネタをテーマを掲げてきたニコ生岡田斗司夫ゼミ。
しかし、今回のテーマはズバリ「なし」。
「なしってどういうことだ!仕事しろ!」と思った生徒諸君。
とにかくお品書きをご覧あれ!

〜ユーザーの皆さんから届いているお品書き〜
・他国のオリンピック代表に日本人がなるってどうよ?
・北朝鮮・中国・韓国とどう付き合えばいい?
・ニコニコ超会議は最悪なイベント?
・岡田斗司夫ロボって何?
・ナディアの話をしよう

……と、何でもアリのお品書きに。
そう、つまり、「縛り」がまったくナシなんです。

空気を読まない質問、募集しています。
コメントもしくは、メールにてご応募ください。

ニコ生岡田斗司夫ゼミ「タブー完全無視の一問一答地獄」〜ステマからオウムまで〜
をお見逃し無く!


 海賊生ではいきものがかりの男子メンバーからツイートが来たことから岡田さんの好みの女性の話しへ。努力して可愛く見せることに成功している人が好きなのだとか。
 自分が語る対象の本人から直接メッセージを受け取るとまどいや自分の好みを話すことで相手の女性をけなすことになるのではという恐れを面白おかしく話すのが大変楽しかったです。


 今回はテーマなし。前のようにぐだぐだになるのではと思ったら中々小粒だけど良い話しが盛りだくさんでした。お品書きにある特亜3国や岡田斗司夫ロボ、ナディアの話しはありませんでしたけど。

 今話題の猫ひろしがカンボジア代表でオリンピックに出る話しですが岡田さんは抵抗ないそう。問題あるとしたらオリンピックという制度の問題だとか。それはそうなのですが私としてはカンボジア人の気持ちを考えると・・・ってカンボジア人がどう思っているかは知りませんけど。
 ロンドンの地を猫ひろしがカンボジア代表として走るというシュールなところが楽しみだそうだ。またその時に言及してくれたらいいな^^

 ハイパーメディアフリーター黒田勇樹がニコ生に登場するという話題から対談について。岡田さんは非常にこの話題について熱く語っていました。思い入れがあるのでしょうな、私はついていけずにぽかーんとしちゃいました(笑)
 真面目な討論番組が2,3人が限界とのこと。それより多い人数でやるのはバラエティになるそうだ。そして何人ものキャラクターの中に参加するときは自分のキャラを明確にしなきゃいけないために極論のキャラを演じないといけなくなってしまう。
 こういう視点は私はありませんでした。討論番組とか見るときにこのことを頭に入れて見てみたいです。

 声優に彼氏がいることを騒ぐ風潮をどう思うか、という質問に対して、岡田さんは自分だったら売れるために彼氏作るなとはっきり言うという明確な答え。俳優などのあまり騒がれない人たちとの違いはカテゴリーの違いによるものとのこと。
 これは私も賛成です。処女性を売りにしてそういうのが好きな人を集めてお金頂いているのだから彼氏いたらそりゃ怨嗟の声を上げますよ、という話し。良いか悪いかではなくてそういう性質のファンの望みとは真逆の方に行くのですから人気が落ちるのは受け容れるしかないと思います。
 でもここで終わらないのが岡田さんの凄い所。声優付き合っていました祭りという、1年に一度付き合っていることを一斉に告白する日を作ることを提案していました。それで集まったファン達がお互い慰め合い結束を強めれば良いとのこと。無理だろうなとは思いますがあって良いのではとないかと思いました。


 他にも映画「ヤマト2199」、AKB前田の宗教法人設立の勧めなど様々な話題がありました。
 岡田さんが聞いた女子大生の会話のとんでもさや遠距離恋愛カップルがお互いの茶の間を映し合っている生活における彼女のおばあちゃんの行動は爆笑必死ですわら。岡田さんの語り方合っての面白さなのでぜひ視聴して下さい。いずれニコ動にアップされるはずなので。


 アンケート

とても良かった 78.5%
まぁまぉ良かった 18.0%
あまり良くなかった 2.5%
良くなかった 1.0%


評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
岡田 斗司夫
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 959


ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想まとめ



posted by まる樹 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。