2012年10月26日

中学生からの評価経済社会 感想/第​三回「正社員少数派」

 10月21日に放送されたニコニコ生放送の番組です。


話題の評価経済のことが絶対わかる!講義形式の30分。
今回も生放送でお送りします!

岡田斗司夫の著書「評価経済社会」をFREEexメンバー・教え人のシゲルがとってもわかりやすく解説します。

全5回を予定しています。

第一回「今の常識は昔の非常識」⇒ so18850641
第二回「学校が崩壊している」⇒ so18976220
第三回「正社員少数派」
第四回「一人でも家族」
第五回「ニューパラダイムを生きる」

<講師>
FREEexメンバー 教え人のシゲル
http://www.facebook.com/shigeru.kuru
学習塾クルゼミナール主催 http://kurusemi.com
ツイッター https://twitter.com/coolseagel_ex
身長180cmの料理好き。 ラケットボールプレイヤー。

※岡田斗司夫は出演しません



 この人の主張はよく岡田斗司夫さんが言っていることなので真新しさはないのですが、よく整理されていますし具体的な数字を例に出すところが新鮮で面白いです。
 あと塾の話しも岡田さんにないコンテンツでもっと話してくれると面白くなると思います。


 以下メモ。


郵便ポスト20万個
株式会社115万社、ポストの5倍以上
でも株式会社は100年程度の歴史
日本初は坂本竜馬

竜馬は海外貿易がやりたかった
そのために蒸気船が必要
だからコネを使ってお金を集めた

産業革命、石油で大量生産の時代へ
景気は悪くなる時があれど、すぐ良くなるから社員を確保しておこう
→正社員、年功序列、終身雇用

共通の価値観、パラダイム
石油、環境破壊で正社員のパラダイムが変化する時代
原油高

1983年の株式会社の寿命、平均30年
2009年、平均5年
就職しても潰れる可能性大
現在の大卒の内定率は6割
これからもっと下がるだろう

グローバル化と機械化

仕事がない、もうお金を配るしかないという話もある
ベーシックインカム
評価経済

メール1通10円の時代があった
どんどん無料化していくだろう

評価の貨幣、ウッフィーが高い人が格好良い、という時代が来るだろう

資本主義の前は宗教が中心だった
今でも宗教があるように、評価経済でも貨幣はなくならない

評価経済、コミュ力よりかわいげ

見た目至上主義
やっぱりお金で決まるのでは・・・服飾にはお金かかるし

今までの特技は1万人に1人のもの
今では友達の中で1人のもの

子供のやる気スイッチオン
難しい、どれだけ子供と信頼を作れるか



 アンケート

とても良かった 60.6%
まぁまぁ良かった 32.6%
あまり良くなかった 2.4%
良くなかった 4.4%


中学生からの評価経済社会 感想まとめ


評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
岡田 斗司夫
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 10814




posted by まる樹 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学生からの評価経済社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。