2012年12月06日

ホリエモンの満漢全席感想12年12月/川上量生、茂木健一郎

 12月3日に放送されたのをタイムシフト視聴しました。


『ホリエモンの塀の中の様子』を
番組前に面会に行った著名人がお伝えするこの番組。

今回のゲストはドワンゴ会長川上量生!!

面会の道中の映像やメルマガなどを紹介しながら、
現在のホリエモンの様子を感じてください!

MCは茂木健一郎さん!!

番組ではメールを募集!
テーマは「茂木健一郎さん、川上量生さんに聞きたい事!」
何でも構いません!
お便り投稿フォームからお送り下さい。



 今日は茂木さんと川上会長、普段絡まないであろう2人なのでとても楽しみにしていました。
 初めはなんか噛み合わないかと思ったけど次第に川上会長の緊張が解けたのか、よく話すようになって一安心。

 と、思ったら、川上会長、茂木さんをdisり出す!!!

 茂木さんの何かの本がロジカルではなくポエムだと話す川上会長、顔をこわばらせる茂木さん、はらはらする私やコメントたち・・・(笑)

 結果は川上会長が茂木さんの本は過程がロジカルで結論がポエム、だけどTwitterの連続ツイートはロジカルだ、となんか落として上げる式で褒めた感じで終わり。

 いや〜前の岡田斗司夫さんといい、ひやひやさせる人たちがホリエモンの知り合いによくいるようです。というか、ニコ生に出る人ってみんなそんな感じ?(笑)
 ここが今回の一番の見所だったかな。


 あとは川上会長のジブリでの丁稚奉公や、ヤンキーとオタク論の話しがほとんどでした。
 ホリエモン、川上会長はオタクで、ひろゆきはヤンキーっぽいところがあるのだとか。
 ホリエモンに差し入れた「世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析」が元ネタらしい。


 川上会長のホリエモンとの出会いはホリエモンの着ボイスを作る時、ひろゆきに紹介してもらう。話してホリエモンがオタクだと分かったとか。

 ホリエモンの有料メルマガについては、メルマガはみんなが既に捨てていたフォーマットでそれを利用して成功した彼は凄く、ビジネスマンとしての格を上げたとのこと。
 これは私としてはちょっと異論あり。メルマガでアフィリエイトや商材を売るという技法はあり続いていたはず。
 メルマガうんぬんではなく、新しいファンビジネス作ったのは偉いとは思いますが。

 ホリエモンは出たらメディア作りたいと言っており、川上会長は出来るだけ協力したいとのこと。
 この2人のタッグは何を巻き起こすか、楽しみですな〜^^


 他は経営者談義とか。

 幸せな経営者は少ない。それは憑き物に憑かれている人が多いから。経営者として成功するには憑いていた方が良い。

 経営者、企業家になりたいと思っている時点で幸せになれない。経営者というのは副産物でなるもの。
 なにかやりたいことがあって起業するのは良いけど、単にやりたいことがないのになりたいと言うのは人をこき使うボスザルになりたいということ。
 人間の本来の欲求からずれているから動物として狂っているとか。

 オタクがヤンキーに勝つには頭で勝つしかない。
 ヤンキーはコミュニケーションに頭を割いているので頭が悪い。だけどコミュ能力で頭の悪さをカバーするので普通のオタクの頭では勝てない。
 だけど突き詰めたオタクにヤンキーは勝てない。

 押井監督の発言での炎上の言い訳。
 ネットは最下層の人の集まりだとは言った。だけどだからダメなんだ、とは言っていない。
 日本が悪くなるのではなく、世界的な傾向でみんなダメになる、とのこと。


 あまり川上会長と茂木さんの話しは面白くなかったけど、ときたま感心させられるところがあったのでまぁまぁ良かった回でした。


 アンケート

とても良かった 65.3%
まぁまぁ良かった 28.4%
あまり良くなかった 3.3%
良くなかった 3.0%


ホリエモンの満漢全席感想まとめ


世界が土曜の夜の夢なら  ヤンキーと精神分析
斎藤 環
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 1979




posted by まる樹 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ホリエモンの満漢全席感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。