2013年05月27日

堀江貴文x堀潤「ホリエモンの​コズミック論だん」第1回/感想

 5月25日の「堀江貴文x堀潤「ホリエモンの​コズミック論だん」第1回」をタイムシフトで視聴した感想です。


5月25日(土)19時から
「ホリエモンのコズミック論だん」をお送りします。

ホリエモンと元NHKアナウンサー堀潤による
レギュラー番組がスタートします。

毎回ホリエモンの多彩な交遊録からゲストを呼び、
時事ネタからピックアップした記事について
ディープにトークを繰り広げる1時間番組です。

テレビのニュースでは伝えられることのない、
情報の真相を自由に論じていきます。

◆出演者

◎レギュラー出演者
総合司会:堀江貴文

⇒堀江貴文 ブログでは言えないチャンネル

進行:堀潤(元NHKアナウンサー/8bitNews主宰)

⇒堀潤「発信は誰にも止められない」

アシスタント:寺田有希(タレント)

⇒Twitter
------------
◎ゲスト
家入一真(株式会社ハイパーインターネッツ代表)
藤田晋(サイバーエージェント)
石田光平(Campfire代表)
鶴岡裕太(Base代表)
村上輝夫(元光通信キャピタル)

-------------
番組終了後、20時からは、
タイトルが変わってももちろんやります裏番組!!



「ホリエモンの裏コズミック論だん」 では
”番組中でも言えない噂の真相”をお届けします!!

第一回はなんと居酒屋から豪華ゲストをお呼びして放送、
誰が来るかは放送当日お楽しみに!



 期待の「ホリエモンの満漢全席」スタート!

 ・・・なのですが、今回の舞台は雑然として狭苦しいところです^^;

 前より予算が少ないのかな?と思っていたらなんと堀江さんが起業したオンザエッジの創業の舞台だったとのこと。
 近々取り壊すので引越しの準備がされていて雑然としているとのこと。

 そういうこともあり、今回はサーバーエージェント藤田さんたちとの思い出話に花が咲きました。
 コメントで言われていたけども、たしかに「同窓会」という感じでした。
 日本のインターネット業界勃興期の他では聞けないであろう話しが出てきて中々面白かったです。


 でもその分話題が広く薄い感じだったのが少し期待はずれ。
 ホリエモンの超特級濃厚話を期待していたので^^
 次回に期待しています。


 おっさんいっぱいの中で寺田有希さんの可愛さは一服の清涼剤でした^^

 鶴岡裕太さんのBASEというネットショップ、全て無料なのだとか。
 興味深い。

 ​家入一真さんの堀江さんが用意した女子大生の接待に引いた話しおもしろ。
 色々炎上したりと話題の方ですが、なんだか親しみが持てました^^

 孫正義さんの弟、ガンホーの孫泰藏さん、堀江さんと小3の頃からの顔なじみだったとか。
 意外なところでつながっているもんだなー。

 藤田晋さんの「ヤフーって言うな!」エピソードもおもしろ。
 なんでも当時乾杯で「ヤフー」と言うのが流行っていたそうなのですが、クリック保障型広告を手がけていた藤田さんは先行してそれを手がけていたヤフーにかなりいじめられていたそうです。
 藤田さん、よく頑張った^^;


 コズミック銘柄という堀江さんやゲストがこれから成長する企業を上げるコーナーがありました。

堀江:コロプラクラブ
藤田:ファンコミュニケーションズ
石田:アイドル
家入:Facebook
鶴岡:マネーフォワード
村上:LINE

 藤田さんが挙げたのはあのA8.netの会社だとか。順調に利益上げているそうです。
 私も登録はしているんですよねー。また覗いてみようかな。

 鶴岡さんが挙げたのは自分の資産を一目でチェックできるものだそうです。
 なんでも銀行の暗証番号など全て入れないといけないのだとか。
 LINEでもそうですが、そういう個人情報を入れても得だと思わせるサービスが今のトレンドなのかもしれませんね。


 裏番組、というか有料の後番組にはなんと小飼弾さんが来ていたとか。
 見たかったな・・・


 アンケート

とても良かった 48.9%
まぁまぁ良かった 28.9%
ふつうだった 15.1%
あまり良くなかった 3.1%
良くなかった 4.0%

 私はふつうだったに入れました。次回に期待〜。


堀江貴文x堀潤「ホリエモンの​コズミック論だん」/感想


堀江貴文の言葉
堀江貴文の言葉
posted with amazlet at 13.05.27
堀江 貴文
宝島社
売り上げランキング: 2,509




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。