2013年06月06日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/「対談 ​苫米地英人」

 ニコ生で6月4日放送されたのをタイムシフト視聴しました。「ニコ生岡田斗司夫ゼミ「対談 ​苫米地英人」」の感想です。


オタキングこと岡田斗司夫が苫米地英人と降臨
タブー完全無視の90分

大阪芸術大学教授、通称オタキング・岡田斗司夫氏がニコ生にゼミを開講!
今回はニコ生岡田斗司夫ゼミ、特別編。
なんと認知科学者の苫米地英人との対談。

二人にぶつける空気を読まない質問、募集しています。
コメントもしくは、メールにてご応募ください。

なお、会員限定放送もありますので、こちらもお見逃しなく!


【出演者】
岡田斗司夫
大阪生まれ。アニメ・ゲームの制作会社ガイナックスを創業し、初代社長を務めたあと退社。東京大学、立教大学、マサチューセッツ工科大学などで講師を務め、現在は大阪芸術大学客員教授。2010年、評価経済社会に特化した新組織オタキングex設立。『評価経済社会』『スマートノート』『人生の法則』など著書多数。

苫米地英人
1959年東京生。認知科学者(機能脳科学・計算言語学・認知心理学、分析哲学)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問。コンピューター科学の分野で世界最高峰であるカーネギーメロン大学大学院で計算言語学の博士号を取得(日本人初)。現在は自己啓発の世界的権威ルー・タイス氏の顧問メンバーとして米国認知科学の研究成果を盛り込んだ能力開発プログラム「PX2」「TPIE」などを日本向けにアレンジ。  著書に『原発洗脳』(日本文芸社)『苫米地英人の金持ち脳 捨てることから幸せは始まる』(徳間書店)など多数。



 苫米地さんがぶっ飛んでいて面白かった!
 もうこの一言に限る^^


 いくつかの話題からどれを語るかをアンケートで選び、2人で語るものだったのですが、もう苫米地さんが語りっぱなしで岡田さんがホスト役。
 でもそれでも面白かったからたまらない。

 初っ端の話題はなんと従軍慰安婦問題。


 従軍慰安婦自体は事実が分からないからはっきり語れないとことわりながら、橋本さんの政治的発言としてなら語れると語りだす。

 橋本さんのあの発言、首相になりたいのならダメ。
 首相、あるいは道州制後の大統領になってから語るのだそうだ。
 アメリカ下院などからもクソみそに罵られる現状はダメダメ、外交考えろとのこと。

 橋本さんの発言は止めるべきだったが、もし言ってからブレーンとして対処を考えるならどうするか。
 それは影響力のある人のところに説明しに行くこと。
 苫米地さんが橋本さんの立場だったらアメリカに説明に行く。アメリカはそういう性の話題に過敏なのが建国精神で、日本とは違うから。

 あれは国内向けのリップサービスで、強いアメリカのために必要な強い日本にするために必要だと言う、だそうだ。


 この徹底的に現実的なところが最高w
 これがずっと続くからたまらない。岡田さんも大爆笑しっぱなしでした^^


 他には、

・乙武さん問題「よく言った!」
・無料コンサルティングという名の重度のクレーマー
・ニコ生はすごく良い。こういう双方向性は伸びるだろう。
・テレビが潰れるかどうかは電通次第。電通がテレビ局を支えていないといくつか潰れていた。
・苫米地、「ウシジマくん」「ジョジョ」読んだ。岡田と同じく「STB」が一番良い。
・エヴァのコマ割りは黒澤映画のコマ割り。庵野談。
・児童ポルノ法の実体は警察の権力拡張の問題。TPPに関するものにはそのことは入っていない。
・サイゾーは表現の自由を守る。

 などなど、苫米地流の面白い話しがたっぷり入った回でした^^


 アンケート

とても良かった 54.7%
まぁまぁ良かった 18.2%
普通だった 18.2%
あまり良くなかった 0.0%
良くなかった 9.0%

 私は「とても良かった」でした^^


ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想まとめ


電通 洗脳広告代理店
苫米地英人
サイゾー
売り上げランキング: 3,757


評価と贈与の経済学 (徳間ポケット)
内田樹 岡田斗司夫 FREEex
徳間書店
売り上げランキング: 68




posted by まる樹 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。