2013年09月03日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/「​進撃の巨人」「風の谷のナウシ​カ2」を推理する

 ニコ生で9月2日放送されたのをタイムシフト視聴しました。「ニコ生岡田斗司夫ゼミ9月号「​進撃の巨人」「風の谷のナウシ​カ2」を推理する」の感想です。


オタキングこと岡田斗司夫がニコ生にひとりで降臨
タブー完全無視の90分

大阪芸術大学教授、通称オタキング・岡田斗司夫氏がニコ生にゼミを開講!
出演者は岡田先生ただ一人。
生徒=視聴者から提出された質問コメントに、
リアルタイムに答えていきます。

原子力とオタクやニコ生のひみつ、金と女など、
常にとんでもないネタをテーマを掲げてきたニコ生岡田斗司夫ゼミ。

今月のお品書きは以下のとおりです。
〜お品書き〜
・「進撃の巨人」世界設定の裏や今後の展開を推理
・庵野秀明・川上量生が「風の谷のナウシカ」の続編を作ったら?を大胆予想!
・ブラック企業VSバカバイト、どっちが悪い?
・なぜTwitterでバカ写真を晒すバイトは無くならないのか?


他、空気を読まない質問、募集しています。
コメントもしくは、メールにてご応募ください。

なお、会員限定放送もありますので、こちらもお見逃しなく!


【出演者】
岡田斗司夫
大阪生まれ。アニメ・ゲームの制作会社ガイナックスを創業し、初代社長を務めたあと退社。東京大学、立教大学、マサチューセッツ工科大学などで講師を務め、現在は大阪芸術大学客員教授。2010年、評価経済社会に特化した新組織オタキングex設立。『評価経済社会』『スマートノート』『人生の法則』など著書多数。

【岡田斗司夫のニコ生では言えない話 】
岡田斗司夫ブロマガがついに開始。
その名も「岡田斗司夫のニコ生では言えない話」。
まぐまぐにもCakesにも載っていない独自コンテンツも配信!



 今回は1時間ぴったしでさくっと終わりました。
 ちょっぴり物足りないですねー^^;


 今回は今話題の宮崎駿監督の引退騒動について。

 岡田さんの考えでは、前から辞めたがっていた宮崎駿監督を鈴木Pがついに抑えきれなくなったのだとか。
 引退の発表は国内なら鈴木Pに握りつぶされるから海外で発表したとかほんまかいな^^;

 NHKによるとイタリアのベネチア国際映画祭で記者会見を開いて発表したのだとか。
 うわ、マジっぽいw


 なぜこのタイミングで、という話しは筋違いだと織田信長への明智光秀謀反の例えを出します。

 なんでも織田信長は生涯で26回も謀反を受けているとのことで、いつか誰かが成功することは確定していた。
 だから明智光秀がなぜ謀反したかと考えるのは間違いで、みんなやっていてたまたま光秀が成功しただけ。

 つまり現在、ついに鈴木Pが抑えきれなくなっただけなのだそうです。


 続いて、日テレが宮崎駿監督の国民栄誉賞を猛烈プッシュするだろう、という話しもまた興味深い。

 今週の金曜ロードショー、映画「ウルヴァリン」だったのをすっ飛ばして「紅の豚」に差し替えたことから分かるそうです。

 日テレは過去に巨人軍の長島茂雄監督の引退式を世紀の大事件にメディア操作をした過去があり、野球の人気がかげってきている現在、次は宮崎監督引退を国民的事件にしたてあげようとしているのだとか。

 本当にそうなるのでしょうか。
 事態の推移を見守りたいと思います。
 楽しみ^^


 最後5分で岡田さんが今はまっているという「進撃の巨人」の話しをされました。

 第1話で調査団への巨人襲撃からエレンが涙するところまでのつながりから、世界観や結末を予想されていました。

 私はその漫画、初めの方だけしか読んでなかったんですよね。
 また最初から読んでみたくなりました^^


 アンケート

とても良かった 70.3%
まぁまぁ良かった 19.1%
普通だった 5.3%
あまり良くなかった 1.7%
良くなかった 3.5%

 今回も「まぁまぁ」。
 話しは面白かったけど時間短かったので。


ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想まとめ


岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る。電子版
株式会社ロケット (2013-08-11)
売り上げランキング: 30


僕らの新しい道徳
僕らの新しい道徳
posted with amazlet at 13.09.03
岡田斗司夫 FREEex
朝日新聞出版
売り上げランキング: 1,330




posted by まる樹 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。