2013年10月08日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/「タブー無用の一問一答地獄」

 ニコ生で10月7日放送されたのをタイムシフト視聴しました。「ニコ生岡田斗司夫ゼミ「タブー無用の一問一答地獄」」の感想です。


オタキングこと岡田斗司夫がニコ生にひとりで降臨
タブー完全無視の90分

大阪芸術大学教授、通称オタキング・岡田斗司夫氏がニコ生にゼミを開講!
出演者は岡田先生ただ一人。
生徒=視聴者から提出された質問コメントに、
リアルタイムに答えていきます。

原子力とオタクやニコ生のひみつ、金と女など、
常にとんでもないネタをテーマを掲げてきたニコ生岡田斗司夫ゼミ。

今月は大好評「一問一答地獄」。

テーマなんか設定せずに、ユーザーの皆さんからの質問コメントに答えていきます。
〜ユーザーの皆さんから届いているお品書き〜
・東京オリンピックの芸術監督は?
・消費税増税、オタクにとってはアリ?ナシ?
・なぜグリーは任天堂を倒せなかったの?
・みのもんた・島田紳助はは復帰すべき>

……と、何でもアリのお品書きに。
そう、つまり、「縛り」がまったくナシなんです。

--> 空気を読まない質問、募集しています。
コメントもしくは、メールにてご応募ください。

なお、会員限定放送もありますので、こちらもお見逃しなく!


【出演者】
岡田斗司夫
大阪生まれ。アニメ・ゲームの制作会社ガイナックスを創業し、初代社長を務めたあと退社。東京大学、立教大学、マサチューセッツ工科大学などで講師を務め、現在は大阪芸術大学客員教授。2010年、評価経済社会に特化した新組織オタキングex設立。『評価経済社会』『スマートノート』『人生の法則』など著書多数。

【岡田斗司夫のニコ生では言えない話 】
岡田斗司夫ブロマガがついに開始。
その名も「岡田斗司夫のニコ生では言えない話」。
まぐまぐにもCakesにも載っていない独自コンテンツも配信!



 今回のは疾走感があったというか、中々優良なネタがいくつもあって非常に楽しかった。
 この番組が始まった初期の衝撃を再び受けたような感じ^^


 今回の見所はなんと言っても岡田さんの過去のガチ土下座話。

 アニメ「オネアミスの翼」の制作時、制作費を出してくれたバンダイと配給会社に20分切るように言われたそうな。
 120分のアニメで20分も切られたら論理構成がおかしくなる!というわけで土下座ました。

 そうしたら相手は「しまった」という顔をしました。
 土下座はさせてしまったらもう後がなく、された側は条件をゆるめていくしかないのです。
 だから土下座はしたもの勝ち。
 土下座は誰かのため、あるいは自分の正義のためにやるならすごい気楽なことなのだとか。

 結果として相手の顔を立てる形でなんとたった6秒カットするだけでOKになったそうです。

 う〜ん、土下座漫画の「どげせん」、「謝男 シャーマン」の世界だ^^;


 他にもたくさんネタがありましたが、個人的に衝撃だったのが「年収と読書量に相関関係はあるか」という質問に対する答え。

 岡田さんの回答は「ない」とのこと。
 本棚が揃っているお金持ちはいないのだとか。

 え〜将来お金持ちになるために一生懸命読書しているのに・・・
 まあしょうもない本たくさん読んでいてもしょうがないということかな、うん(泣)


 岡田ゼミの公式放送は11月はあるけど12月は分からないそうだ。
 3万人以上も見ているのだから続けてくれよって感じ。
 続行望む!


 不二家のペコちゃんはゼネラルフーズのメリーちゃんのパクリとのこと。
 うわぁ、たしかにそっくり^^;


 他には桜塚やっくんの訃報から「エンタの芸人」裏話、「進撃の巨人」ネタバレ話しなど、小粒なネタがたっぷり詰まった優良回でした^^



 あとこの番組には関係ないことですが、私はGINZAバージョンのニコ生をこの番組のタイムシフトで初視聴しました。

 前はコメントにカーソル置くと、その置いたコメントが別枠で表示され、カーソルを動かすまでそれが表示されていました。

 しかし、このGINZAでは、カーソルをコメントの上に置くと、別枠で表示されるコメントは流れるコメントともにどんどん移り変わっています。
 じっくり読みたい長文コメントがすぐ流れて行ってしまうのが残念でした。

 ニコ動のGINZAは私的にOKなのですが、ニコ生のはNGかな・・・


 アンケート

とても良かった 69.9%
まぁまぁ良かった 22.3%
普通だった 5.3%
あまり良くなかった 0.9%
良くなかった 1.5%

 今回も「とても良かった」。
 良いネタが集まっていました^^


ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想まとめ


悩みのるつぼ〜朝日新聞社の人生相談より〜
株式会社ロケット (2013-09-10)
売り上げランキング: 630


宮崎駿はなぜ引退を決意したのか?
ビンワード (2013-09-16)
売り上げランキング: 158




posted by まる樹 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。