2013年11月05日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』を金払って観たから言いたいこと言うよ!

 ニコ生で11月4日放送されたのをタイムシフト視聴しました。「ニコ生岡田斗司夫ゼミ『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』を金払って観たから言いたいこと言うよ!」の感想です。


劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語
を鑑賞した岡田斗司夫が語る!好き勝手に語る!

大阪芸術大学教授、通称オタキング・岡田斗司夫氏がニコ生にゼミを開講!
出演者は岡田先生ただ一人。
生徒=視聴者から提出された質問コメントに、
リアルタイムに答えていきます。

原子力とオタクやニコ生のひみつ、金と女など、
常にとんでもないネタをテーマを掲げてきたニコ生岡田斗司夫ゼミ。

今月のテーマは何か?
いま話題の映画『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』に焦点を当てないわけにはいきません。
本作品を鑑賞した岡田先生が感想と共に好き勝手に斬りまくります。

番組では、ユーザーの皆さんから届いた「岡田さんにココを語って欲しい」というメール、質問を募集してます。
ニコ生岡田斗司夫ゼミのように、どんどん答えていきますので、どしどしご応募ください。

また、時事問題など、まどマギに関係ないいつもどおり空気を読まない質問も募集しています。
コメントもしくは、メールにてご応募ください。

なお、会員限定放送もありますので、こちらもお見逃しなく!

※交通状況等により、岡田氏の到着が遅れる場合があります。予めご了承ください。
※一部「ネタバレ」と捉えられる発言が予想されます。予めご了承ください。
※岡田氏の精神状態により、トークが脱線することも予想されます。予めご了承ください。



【出演者】
岡田斗司夫
大阪生まれ。アニメ・ゲームの制作会社ガイナックスを創業し、初代社長を務めたあと退社。東京大学、立教大学、マサチューセッツ工科大学などで講師を務め、現在は大阪芸術大学客員教授。2010年、評価経済社会に特化した新組織オタキングex設立。『評価経済社会』『スマートノート』『人生の法則』など著書多数。



 なんと今回で公式放送最終回とのこと、かなしー。
 非公式で続けるとのことだが質はどうなのだろう。
 お弟子さんが出演されるのは嫌だな、このまま岡田さん一人でしゃべって欲しい^^;


 それはそれとして、今回は最終回にふさわしい、とても濃密な回でした。
 タイトルの通り「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」の話しが中心だったのですが、岡田さんの博学さがとても出ていて私には全てを理解できませんでした^^;

 「叛逆の物語」観た人はぜひタイムシフトで視聴してくださいw


 岡田さんの「叛逆の物語」ネタバレ解説メモ。

・「ビューティフルドリーマー」を連想している人が多いが一番似ているのは「ベルセルク」。
 悪魔と化したグリフィスとそんな彼を憎むガッツにまどかとほむらは似ている。

・「スリランカの悪魔祓い (講談社文庫)」スリランカの悪魔は引き篭もりのこと。周囲との関係を拒否する人に憑いているもの。
 貧しい国でも引き篭もりは発生する。
 その人の家の周りで村人そうがかりで三日三晩不眠不休で踊る。

 これが映画序盤のナイトメアをゲームみたいな方法で除霊することでは。

・ほむらがまどかに会いたがったのはファンがもう一度アニメ観たいのと同じ。
 ほむらはファン代表、みんながまどかを忘れたのが許せない。

・「黒子のバスケ」への脅迫が話題になっているが、アンチの人というのはそうないと見てもらえない人。あるいは他のファンと同じでは嫌だという人。
 黒子の犯人とほむらは同じ。

 ほむらはまどかに他の人と同じに扱われる状況が嫌。
 あるいはみんながまどかに忘れられる状況が嫌。

・神という概念が出来ることで悪魔という概念が生まれる。
 光当たると闇が生まれる。

 「叛逆の物語」は普遍的な愛情と独占的な愛を対抗させたのが新しい。

・ほむらは作者。
 平和に終わったアニメから平穏を奪って物語の原動力にする。

・「叛逆の物語」は語りたくなるからいい。不完全だから語れる。
 完全なものは語れない。「バリーリンドン」を観ればいい。

・作品とファンは呪われている。ほむらに記憶を残したのが失敗だとも言える。
 神は万能であるが代わりに何かを特別扱いしてはいけないのに。

・岡田としてはアンハッピーエンド。
 評価は92点。テレビ版ガンダムと同じ。「風立ちぬ」は95点。


 こんなところか。
 もっといっぱいあったと思うのですが私には捉えきれませんでした^^;
 ぜひこの番組をタイムシフトでご視聴ください。
 ニコ動で普通に動画上げられるかもしれませんが。

 「スリランカの悪魔祓い (講談社文庫)
 これ面白そう。そんな世界があったなんて、知っている岡田さんすごいなー。
 日本神話の天岩戸伝説思い出すけど。

 ちなみに私の「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」感想はこちら。


 他には2つの話題がありました。

・山本太郎の天皇陛下への手紙渡した事件
 →天皇制を考え直すのに「やらかしてくれた」という感じ。

・「黒子のバスケ」への脅迫、そして商品撤去事件
 →怒るより励ました方が良い。
 何かしたい人はジャンプのアンケートに作者と編集部をほめたり応援するメッセージを書いて送ろう。

 こんな感じ。


 さて次回の岡田斗司夫ゼミはどうなるのだろう。
 楽しみに待っています。
 告知ちゃんとしてくださいよ〜^^


 アンケート

とても良かった 80.0%
まぁまぁ良かった 16.3%
普通だった 2.5%
あまり良くなかった 0.5%
良くなかった 0.6%

 今回も「とても良かった」。
 エネルギーが半端なかったです^^


ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想まとめ


『風立ちぬ』を語る 宮崎駿とスタジオジブリ、その軌跡と未来 (光文社新書)






posted by まる樹 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。