2014年08月05日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/帰ってきたニコ生岡田斗司夫ゼミ「夏の評論祭」ホノオからゴジラ・マーニーまで

 ニコ生で8月3日放送されたのをタイムシフト視聴しました。
 「帰ってきたニコ生岡田斗司夫ゼミ「夏の評論祭」ホノオからゴジラ・マーニーまで」の感想です。


オタキングこと岡田斗司夫がニコ生にまた復活
タブー完全無視の90分

大阪芸術大学教授、通称オタキング・岡田斗司夫氏がニコ生にゼミを開講!
出演者は岡田先生ただ一人。
生徒=視聴者から提出された質問コメントに、
リアルタイムに答えていきます。

原子力とオタクやニコ生のひみつ、金と女など、
常にとんでもないネタをテーマを掲げてきたニコ生岡田斗司夫ゼミ。

復活第一回目のゼミはズバリ、「コンテンツ評論」
今話題のドラマ『アオイホノオ』から、『GODZILLA ゴジラ』
はたまた『思い出のマーニー』まで……。
縦横無尽に斬っていきます。

〜ユーザーの皆さんから届いているお品書き〜
・ゴジラ、いかがでしたか?
・今後、ジブリはどうなっちゃうの?
・「次はスタジオジブリを買収?」は本当?
・岡田先生からの課題図書(マンガに限る)を教えて下さい


せっかく帰ってきたんだし、コンテンツ評論の枠組みも超えた
空気を読まない質問、募集しています。
コメントもしくは、メールにてご応募ください。

なお、会員限定放送もありますので、こちらもお見逃しなく!


【出演者】
岡田斗司夫
大阪生まれ。アニメ・ゲームの制作会社ガイナックスを創業し、初代社長を務めたあと退社。東京大学、立教大学、マサチューセッツ工科大学などで講師を務め、現在は大阪芸術大学客員教授。2010年、評価経済社会に特化した新組織オタキングex設立。『評価経済社会』『スマートノート』『人生の法則』など著書多数。



 2ヶ月ぶりの視聴ですが、公式放送復活おめでとうございます〜^^

 しかし顔が老けて見えるのは何でだろう。
 前よりも太って皺が増えているせいかしら^^;


 今回は最初にどの話題を聞きたいかアンケートをとってその票が多い順に語るというスタイルです。

 それで一番多かったのはサイコパス事件でした。


アニメ「サイコパス」の監督が謝罪

 フジテレビ系で放送中のアニメ「PSYCHO−PASS サイコパス新編集版」第4話の放送が長崎県佐世保市の同級生殺害事件を受けて放送中止となった件で、同アニメの監督を務める塩谷直義氏は31日、自身のTwitterで謝罪した。


 これは放送中止が妥当か、そして監督は謝罪するべきだったかという論点だったのですが、岡田さんは筒井康隆がその昔自身の作品に影響を受けて殺人を犯した事件を例に出して説明しました。

 文学は毒がある。
 その毒を薄めて提供して消化することで自分を鍛える、というものでした。

 それを踏まえた上で、テレビの役割は不特定多数に向けて誰にも見せられるものだから休止は正しいと言われていました。
 これを聞いて思ったのは有料放送にするとか専門のサイト作るなど、何らかのフィルターを作ればいいかなということです。
 ビジネスチャンスですね^^

 監督謝罪は先走り過ぎではないかとのこと。
 誰のためにもなってないみたいな。
 そこら辺のことは私はよく分からないです。


 そして、佐世保の犯人や宮崎勤のことについて、公式にはアニメとは関係ないと言うけれどこのニコ生では「オタクだったらやるよな〜」と思う、などと言っていました。
  岡田さん最高だわ!w


 あと面白かったのはドラマ「アオイホノオ」でみな童貞っぽく描かれていたが、みんな大体そんな風ではなく、特に庵野監督は彼女を途切らせたことはなかったそうです。

 へ〜・・・コメントで裏切られたと言っている人がいたけど私もちょっとそんな感じ^^;


 最後はゴジラ。

 ゴジラ第一作はなんとゴジラの正体は第2次大戦で弔われなかった亡霊で、だからこそあらゆる兵器が効かなかったとのこと。
 そして今回のハリウッドゴジラはアメリカのマッチョ信仰が出ていたとのこと。

 怪獣は信仰心によるものという解釈が私には新鮮で面白かったです。


 アンケート

とても良かった 58.8%
まぁまぁ良かった 29.9%
普通だった 8.1%
あまり良くなかった 1.9%
良くなかった 1.3%


 「とても良かった」
 え〜面白かったのに低いな〜。


ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想まとめ


超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略
株式会社ロケット (2014-07-15)
売り上げランキング: 580




posted by まる樹 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。