2015年04月28日

ニコ生感想/NTT超未来研究所Z「ときどき ドキドキ 心拍放送局Z」@ニコニコ超会議2015[DAY2]

 15年4月28日ニコニコ生放送にて放送された「NTT超未来研究所Z「ときどき ドキドキ 心拍放送局Z」@ニコニコ超会議2015[DAY2]」をタイムシフト視聴した感想です。


2015年4月25日(土)・26日(日)に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2015」におけるNTTブース「NTT超未来研究所Z」において、NTTと東レが共同開発した、着るだけで生体情報が計測できる機能素材「hitoe」を用いた、さまざまなイベントを心拍の変化を通じて楽しむ「ときどき ドキドキ!心拍放送局Z」の模様をお伝えします。

10:30〜11:30 「心拍スポーツ【実践編】」
昨年の3倍以上に大きくなったステージ上で、剣道とヨガを実践し心拍変化を測定します。

12:30〜14:30 「心拍ゲーム実況」
任天堂の人気ホラーゲーム「零 濡鴉ノ巫女」をプレイするホラーゲーム実況者キリンさんの心拍変化と、自称ゲーム好き素人の心拍変化を比較します。
さらに後半では、ゲーム実況歴10年を超える、ベテラン実況者MOTTYさんと、マリオカートを得意とするだいだらさんを迎え、心拍の変化を楽しみながらステージ上で「マリオカート8」の実況プレイを行います。

15:30〜16:30 「第4回 ガチ・ニコ生セミナー 【変幻灯編】」
人間の錯覚を巧みに利用し、写真や絵に動きを与える不思議な照明「変幻灯」に関して、その誕生につながる人間の感覚情報処理の研究、人間が自然な動きを知覚する際に働く視覚メカニズムの科学的知見といった「ガチな内容」を開発した研究者が生でレクチャーします。

プログラムの合間には、NTTの研究所が開発した、タブレット端末に表示されたテキストをなぞることで新しいコミュニケーションを生むツール「Yu bi Yomu」を使った、NTTの社員によるステージショーを行います。

■ニュースリリース「「ニコニコ超会議2015」に「NTT超未来研究所Z」を出展」 http://www.ntt.co.jp/news2015/1504/150416b.html



 KIRINさんの「零 濡鴉ノ巫女」を目当てに視聴。
 7時間の長丁場の内、2時間50分頃からスタートでした。
 探すの大変だった・・・長時間のためかつながりにくかったです^^;

 心拍数を測ると言うのでゲーム動画の隅に心電図が出るのかと思ったらそんなことはなくがっかり。
 コメントでもそのように言われていました。
 しかし、ゲーム動画の後の分析によると人形苦手なことや尿意による心拍数の微増などKIRINさんの内心が透けて見えるようなところが面白かったです。
 緊張の中にリラックスする達人型とかさすが!^^

 でもやっぱりゲーム動画と心電図がリアルタイムに視聴できたらもっと良かったですね。
 誰かゲーム動画に心電図を映すIT機器とソフト作ってください^^


 それで「零 濡鴉ノ巫女」動画なのですが、KIRINさんの安定した実況は良かったものの、ゲームの部分はぶつ切れで何が何やらさっぱりです。
 これは任天堂によるゲーム宣伝ということなのでしょうか?
 私は欲しくなったので成功していると思います^^

 しかしイケメンと美少女だけというのはちょっとなー。
 もっと太い男性を出して欲しいですね〜。






posted by まる樹 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコニコ生放送感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。