2013年03月05日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/「ニコ生​的メディア論」〜テレビ・金・​泣くな、はらちゃん〜

 ニコ生で3月4日放送されたのをタイムシフト視聴しました。「ニコ生岡田斗司夫ゼミ「ニコ生​的メディア論」〜テレビ・金・​泣くな、はらちゃん〜」の感想です。


オタキングこと岡田斗司夫がニコ生にひとりで降臨
タブー完全無視の90分

大阪芸術大学教授、通称オタキング・岡田斗司夫氏がニコ生にゼミを開講!
出演者は岡田先生ただ一人。
生徒=視聴者から提出された質問コメントに、
リアルタイムに答えていきます。

原子力とオタクやニコ生のひみつ、金と女など、
常にとんでもないネタをテーマを掲げてきたニコ生岡田斗司夫ゼミ。

今月のテーマは「メディア論」です。

〜お品書き〜
・うしじまさん、来てるよ
・泣くな、はらちゃんについて語らせろ!
・川上対談が決まったけど、なに話す?1?
・評価経済への批判に答えます
・「人間の器」とは矛盾を御しながら生きること ・「番組」は誰のもの?
……と、何でもアリのお品書きに。
そう、つまり、「縛り」がまったくナシなんです。

空気を読まない質問、募集しています。
コメントもしくは、メールにてご応募ください。

なお、会員限定放送もありますので、こちらもお見逃しなく!


【出演者】
岡田斗司夫
大阪生まれ。アニメ・ゲームの制作会社ガイナックスを創業し、初代社長を務めたあと退社。東京大学、立教大学、マサチューセッツ工科大学などで講師を務め、現在は大阪芸術大学客員教授。2010年、評価経済社会に特化した新組織オタキングex設立。『評価経済社会』『スマートノート』『人生の法則』など著書多数。


続きを読む


posted by まる樹 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/「一問一​答地獄」〜坊主峯岸騒動から都​市伝説まで〜

 ニコ生で2月4日放送されたのをタイムシフト視聴しました。「ニコ生岡田斗司夫ゼミ「一問一​答地獄」〜坊主峯岸騒動から都​市伝説まで〜」の感想です。


オタキングこと岡田斗司夫がニコ生にひとりで降臨
タブー完全無視の90分

大阪芸術大学教授、通称オタキング・岡田斗司夫氏がニコ生にゼミを開講!
出演者は岡田先生ただ一人。
生徒=視聴者から提出された質問コメントに、
リアルタイムに答えていきます。

原子力とオタクやニコ生のひみつ、金と女など、
常にとんでもないネタをテーマを掲げてきたニコ生岡田斗司夫ゼミ。
しかし、今回のテーマはズバリ「なし」。
「なしってどういうことだ!仕事しろ!」と思った生徒諸君。
とにかくお品書きをご覧あれ!

〜ユーザーの皆さんから届いているお品書き〜
・AKB48峯岸坊主騒動、どうおもう?
・体罰ってやっぱり必要?
・バレンタインデーだから都市伝説を教えて!
・テレビ60週年らしいけどニコニコは60年続きますか?

……と、何でもアリのお品書きに。
そう、つまり、「縛り」がまったくナシなんです。

空気を読まない質問、募集しています。
コメントもしくは、メールにてご応募ください。

ニコ生岡田斗司夫ゼミ「タブー完全無視の一問一答地獄」
をお見逃し無く!

【出演者】
岡田斗司夫
大阪生まれ。アニメ・ゲームの制作会社ガイナックスを創業し、初代社長を務めたあと退社。東京大学、立教大学、マサチューセッツ工科大学などで講師を務め、現在は大阪芸術大学客員教授。2010年、評価経済社会に特化した新組織オタキングex設立。『評価経済社会』『スマートノート』『人生の法則』など著書多数。


続きを読む
posted by まる樹 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/「新年早​々コンテンツ批評祭り」

 ニコ生で1月7日放送されたのをタイムシフト視聴しました。「ニコ生岡田斗司夫ゼミ「新年早​々コンテンツ批評祭り」」の感想です。


オタキングこと岡田斗司夫がニコ生にひとりで降臨
タブー完全無視の90分

大阪芸術大学教授、通称オタキング・岡田斗司夫氏がニコ生にゼミを開講!
出演者は岡田先生ただ一人。
生徒=視聴者から提出された質問コメントに、
リアルタイムに答えていきます。

原子力とオタクやニコ生のひみつ、金と女など、
常にとんでもないネタをテーマを掲げてきたニコ生岡田斗司夫ゼミ。

今月のテーマは「コンテンツ批評」。
映画、漫画、アニメ、TV番組など、世の中に溢れたありとあらゆる「コンテンツ」を、
岡田先生が90分ぶっ通しで批評し続けます。

すでにゼミ生からは「これを語って!」という声届いているようです。
例えば……。
・2012年発刊「これは読むべき漫画5選」
・岡田先生が選ぶ「2012面白かったアニメBEST5」「ワーストアニメ」
・年末年始テレビ批評
・ゼミ生必読SF 5冊

まだまだ、どんなジャンルの批評を聞きたいか、メールを募集しております。
コメントもしくは、メールにてご応募ください。

なお、会員限定放送もありますので、こちらもお見逃しなく!

【出演者】
岡田斗司夫
大阪生まれ。アニメ・ゲームの制作会社ガイナックスを創業し、初代社長を務めたあと退社。東京大学、立教大学、マサチューセッツ工科大学などで講師を務め、現在は大阪芸術大学客員教授。2010年、評価経済社会に特化した新組織オタキングex設立。『評価経済社会』『スマートノート』『人生の法則』など著書多数。


続きを読む
posted by まる樹 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/「2012年を振り返りな​がら冬休みに理屈力UP!」

 ニコ生で12月29日放送されたのをタイムシフト視聴しました。「ニコ生岡田斗司夫ゼミ年末特別​​編「2012年を振り返りな​がら冬休みに理屈力UP!」」の感想です。


オタキングこと岡田斗司夫が2012年をひとりで振り返る
タブー完全無視の90分

大阪芸術大学教授、通称オタキング・岡田斗司夫氏がニコ生にゼミを開講!
出演者は岡田先生ただ一人。
生徒=視聴者から提出された質問コメントに、
リアルタイムで答えていきます。

原子力とオタクやニコ生のひみつ、金と女など、
常にとんでもないネタをテーマを掲げてきたニコ生岡田斗司夫ゼミ。

今月のテーマは何か?
ズバリ、「理屈っぽく考える」「理屈っぽく語る」「理屈を面白く表現する」という課題を教えます。
ケーススタディに使用するのは2012年の出来事すべてをランキングしたもの。
つまり今回のゼミを見れば「2012年はこんな年だった」とカッコよく理屈っぽく語れるようになる?


また、
・2012年、一番気になった映画・アニメは?
・2012年、一番気になった人は?
・2012年、怒り心頭だった出来事は?
など、様々な「岡田先生に聞きたい2012年」を募集しています。
コメントもしくは、メールにてご応募ください。

なお、会員限定放送もありますので、こちらもお見逃しなく!


続きを読む
posted by まる樹 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/「タブー​完全無視の一問一答地獄」〜k​indleからフクシマまで〜

 ニコ生で11月5日放送されたのをタイムシフト視聴しました。「ニコ生岡田斗司夫ゼミ「タブー​完全無視の一問一答地獄」〜k​indleからフクシマまで〜」の感想です。


オタキングこと岡田斗司夫がニコ生にひとりで降臨
タブー完全無視の90分

大阪芸術大学教授、通称オタキング・岡田斗司夫氏がニコ生にゼミを開講!
出演者は岡田先生ただ一人。
生徒=視聴者から提出された質問コメントに、
リアルタイムに答えていきます。

原子力とオタクやニコ生のひみつ、金と女など、
常にとんでもないネタをテーマを掲げてきたニコ生岡田斗司夫ゼミ。
しかし、今回のテーマはズバリ「なし」。
「なしってどういうことだ!仕事しろ!」と思った生徒諸君。
とにかくお品書きをご覧あれ!

〜ユーザーの皆さんから届いているお品書き〜
・エヴァ実況の感想は?
・東京都はどうなる?岡田先生は都知事にならない?
・ipadmini、Kindle、Nexus結局どれがいいの?
・福島第一原発観光地化計画というのがあるらしいけど……・


……と、何でもアリのお品書きに。
そう、つまり、「縛り」がまったくナシなんです。

空気を読まない質問、募集しています。
コメントもしくは、メールにてご応募ください。

なお、会員限定放送もありますので、こちらもお見逃しなく!

【出演者】
岡田斗司夫
大阪生まれ。アニメ・ゲームの制作会社ガイナックスを創業し、初代社長を務めたあと退社。東京大学、立教大学、マサチューセッツ工科大学などで講師を務め、現在は大阪芸術大学客員教授。2010年、評価経済社会に特化した新組織オタキングex設立。『評価経済社会』『スマートノート』『人生の法則』など著書多数。

【岡田斗司夫のニコ生では言えない話 】
岡田斗司夫ブロマガがついに開始。
その名も「岡田斗司夫のニコ生では言えない話」。
まぐまぐにもCakesにも載っていない独自コンテンツも配信!


続きを読む
posted by まる樹 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/「タブー​完全無視の一問一答地獄」〜ま​どか☆マギカから大滝秀治まで​〜

 ニコ生で10月8日放送されたのをタイムシフト視聴しました。「ニコ生岡田斗司夫ゼミ「タブー​完全無視の一問一答地獄」〜ま​どか☆マギカから大滝秀治まで​〜」の感想です。


オタキングこと岡田斗司夫がニコ生にひとりで降臨
タブー完全無視の90分

大阪芸術大学教授、通称オタキング・岡田斗司夫氏がニコ生にゼミを開講!
出演者は岡田先生ただ一人。
生徒=視聴者から提出された質問コメントに、
リアルタイムに答えていきます。

原子力とオタクやニコ生のひみつ、金と女など、
常にとんでもないネタをテーマを掲げてきたニコ生岡田斗司夫ゼミ。
しかし、今回のテーマはズバリ「なし」。
「なしってどういうことだ!仕事しろ!」と思った生徒諸君。
とにかくお品書きをご覧あれ!

〜ユーザーの皆さんから届いているお品書き〜
・新作アニメ、沢山あるけど岡田先生見ましたか?
・ブロマガ、ビジネスとしてアリ!?
・iphone5は失敗だった?
・ニコニコ超会議2、参加するなら何やる?
・どんどん良い役者死んでるけど、これからのコンテンツ産業大丈夫?
・前回できなかったナディアの話をもう少し

……と、何でもアリのお品書きに。
そう、つまり、「縛り」がまったくナシなんです。

空気を読まない質問、募集しています。
コメントもしくは、メールにてご応募ください。

なお、会員限定放送もありますので、こちらもお見逃しなく!

【出演者】
岡田斗司夫
大阪生まれ。アニメ・ゲームの制作会社ガイナックスを創業し、初代社長を務めたあと退社。東京大学、立教大学、マサチューセッツ工科大学などで講師を務め、現在は大阪芸術大学客員教授。2010年、評価経済社会に特化した新組織オタキングex設立。『評価経済社会』『スマートノート』『人生の法則』など著書多数。


続きを読む
posted by まる樹 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想/岡田斗司夫ゼミ「クラウド市民​講座・特別編」

 ニコ生で9月30日放送されたのをタイムシフト視聴しました。「岡田斗司夫ゼミ「クラウド市民​講座・特別編」」の感想です。


 岡田斗司夫のクラウド市民講座、第二回は特別編と銘打って、クラウドシティ9月市長の“オカダさん”(≠岡田斗司夫)が総製作費100万円をなげうって自主制作した映画「イプシロン」の上映会の模様をお届けします。

<クラウドシティ>
https://cloudcity-ex.com/login/


 毎月毎月、市長(運営者)がころころ変わる、変なSNS「クラウドシティ」。
 事の発端は、9月の市長と岡田斗司夫の運営会議でのちょっとした雑談でした。

オカダさん「実は僕、自主制作映画を作ってるんですよ」
岡田斗司夫「じゃあ、今月はその上映会をやりましょう」
オカダさん「いや、僕の映画、あんまり面白くないんです」
岡田斗司夫「だったら、その上映会は僕が“映画とはなんぞや!?”と市長に説教する会になりますね(笑)」

 …そんなこんなで始まったこの企画。
 市民が制作した自主映画を題材にとって語られる岡田斗司夫の映画論とは?


続きを読む
posted by まる樹 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ生岡田斗司夫ゼミ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。